薄毛の原因

育毛・発毛を阻害している原因として最も基本的なものは男性ホルモンです。
女性に薄毛がいないわけではありませんが男性よりも圧倒的に少ないという
こと、このことだけでも男性ホルモンが関わっているということが示唆でき
ますし、そのほか様々な研究によって、男性ホルモンが薄毛に関わっている
ということが分かってきました。薄毛のうち9割以上が男性ホルモンに関係
した薄毛だといわれています。

最近の研究によれば、男性ホルモンのテストステロンがさらに強力になった
「ジヒドロテストステロン(DHT)」が、特に薄毛の場合は関与している
ことが分かりました。

薄毛には、なりやすい部分となりにくい部分があるということが知られて
います。なぜそのような差が生まれるのでしょうか。頭頂部や額の生え際
付近の毛乳頭には「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素が機能しています。
この酵素が男性ホルモンの一種の「テストステロン」に働きかけることで、
「ジヒドロテストステロン(DHT)」が生成されてしまいます。この
「ジヒドロテストステロン(DHT)」は、男性ホルモンよりも強力な
作用をもっているため、男性型脱毛症を引き起こしてしまうのです。

「ジヒドロテストステロン(DHT)」は毛乳頭のなかにある受容体と
結合すると、髪の成長をストップさせてしまう信号を出してしまいます。
このことでその部分の抜け毛が多くなったり、髪の毛が弱く・細いもの
へと変化してしまいます。したがって、育毛のためには「ジヒドロテスト
ステロン(DHT)」や「5αリダクターゼ」になんらかのアプローチ
をすることが必要となってきます。

当サイト人気コンテンツ

★ 発毛のしくみ
★ 薄毛の原因
★ シャンプーの仕方
★ プロペシアについて
★ 育毛とミノキシジル
★ ストレスとの関係


Copyright (C) 2007 育毛@解説NAVI All Rights Reserved.