育毛とプロペシア

薄毛のほとんどを占めている男性型脱毛症は、簡単にいえば成長期の
毛根に休止命令をだすジヒドロテストステロン(DHT)、また、その
ジヒドロテストステロン(DHT)をつくり出す5αリダクターゼに
よって引き起こされているといえます。

この5αリダクターゼに対して高い抑制効果を持っている物質が知ら
れています。5αリダクターゼを抑制すれば頭皮におけるジヒドロテ
ストステロン(DHT)を減らせるので男性型脱毛が呼ぼうできます。
これが飲む育毛剤で有名なプロペシア(主成分はフィナステリド)です。

実験データでは、実際に血中のジヒドロテストステロン(DHT)を
60%以上も減少させることが確認されています。それによって
不必要な脱毛の停止、減少していた毛髪の増加などの育毛効果が
多数報告されています。

男性型脱毛症の治療薬としてのプロペシアという商品名がいまでは
有名ですが、もともとこの薬は「フィナステリド」と呼ばれ、育毛や
薄毛防止の薬としてではなく、前立腺肥大症の治療薬として使われて
いたものです。この前立腺肥大症の治療過程で、頭髪の発毛が確認でき
たため、試験的に薄毛治療の研究として被験者に服用させたそうです。

そして、この実験によって薄毛進行の停止や育毛・発毛効果が再度
確認されました。もともと前立腺肥大症の治療として使ってきた量の
5分の1程度で、薄毛治療には効果があるといわれています。副作用
はないとはいえませんが、かなり限られており、安全性はかなり高い
といえるでしょう。

当サイト人気コンテンツ

★ 発毛のしくみ
★ 薄毛の原因
★ シャンプーの仕方
★ プロペシアについて
★ 育毛とミノキシジル
★ ストレスとの関係


Copyright (C) 2007 育毛@解説NAVI All Rights Reserved.